お客さんにチラシを配ろう

お客さんにチラシを送ろう

確実にお客さんに情報を届けたいなら、郵送で送ってください。
お店の情報を具体的に伝えることで、お客さんは興味を持ってきてくれるかもしれません。
定期的に、チラシ送ることが重要です。
1回送っただけでは、お客さんはお店の存在を忘れてしまうかもしれません。
定期的に送ることで、お客さんはお店をしっかり認識してくれます。

1か月に、1回ぐらいのペースがおすすめです。
それ以上ペースが遅くなると、お客さんはお店を認識してくれません。
しかしそれ以上頻繁にチラシを送ると、お客さんはうるさいと感じてしまいます。
1か月に1回が、最も良い頻度だと言われています。
伝えたい情報がたくさんあっても、チラシの送りすぎに気をつけてください。

手渡しでもチラシを配布できる

駅など、人通りの多いところでチラシを配布しましょう。
すると受け取ってくれるお客さんが増えます。
元気に、チラシを渡すことがコツです。
無言でチラシを差し出されても、お客さんは不審に思うので、チラシを受け取ってくれません。
元気に挨拶をしながら渡すことで、お客さんは興味を持ちます。
チラシにも、何のお店なのか書いているでしょう。

しかしチラシを渡す時にも、お店の名前や、販売している商品、提供しているサービスを言ってください。
チラシを受け取ってくれたお客さんには、お礼を言うことを忘れないでください。
ここで印象が悪くなったら、お客さんは来てくれません。
お礼を言うことで、好印象をお客さんに与えることができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ